【花木一覧】

「あ行」
アイビー / アオキ / アオギリ
アガパンサス / アカマツ / アカンサス
アケビ / アジサイ / アジュガ / アセビ
アベリア / アンズ (杏)

イイギリ / イチイ / イチゴノキ
イチジク / イチョウ / イトヒバ
イヌシデ / イヌツゲ / イモカタバミ
インパチエンス

ウバメガシ / ウメ (梅) / ウメモドキ

エゴノキ / エメラルド / エンジュ

オリーブ


「か行」
カイヅカイブキ / カイドウ / カエデ
カキ (柿) / カクレミノ / ガザニア
カシ類 / カシワデアジサイ / カツラ
カナメモチ レッドロビン / カリン
カルミア / カンキツ類

キウイ / キチジョウソウ / キブシ
キボウシ / キャラボク / キョウチクトウ
キンバコデマリ / キンモクセイ

クチナシ / グミ / グミ ギルドエッジ
クリ (栗) / クリサンセマム
クリスマスローズ / クルミ (胡桃)
クロガネモチ / クロマツ

ケヤキ

コウヤマキ / コデマリ / コトネアスター
コナラ / コニファー / コノテガシワ
コブシ / ゴヨウマツ / コリウス


「さ行」
サクラ (桜) / サクランボ
ザクロ (柘榴) / ササ類 / サザンカ
サツキ / サルスベリ / サルビア
サルビア インディゴスパイア
サルビア グアラニチカ
サンゴジュ / サンショウ

シイ / シダレヤナギ / シマトネリコ
シモツケ ゴールドフレーム
シャクナゲ / ジャノヒゲ / ジューンベリー
シラカシ / シラカバ (白樺) / シラカバ
シラー カンパヌラータ / シロタエギク
ジンチョウゲ

スイセン / スイートアリッサム / スギ
スグリ / スモモ

セイヨウイワナンテン
セイヨウニンジンボク / センリョウ

ソヨゴ


「た行」
ダイオウショウ / タイサンボク / タマイブキ

チャボヒバ / チューリップ / チェリーセージ

ツツジ / ツバキ / ツルニチニチソウ
ツワブキ

テイカカズラ

ドウダンツツジ / トサミズキ / トレニア


「な行」
ナシ (梨) / ナツツバキ (シャラノキ)
ナツメ / ナルコユリ

ニオイヒバ / ニシキギ / ニワウメ

ノウゼンカツラ / ノシラン


「は行」
ハイビスカス / ハイビャクシン
ハクチョウゲ / ハナズオウ / ハナニラ
ハナミズキ / ハクモクレン / ハマヒサカキ
バラ / ハンカチノキ / パンジー (ビオラ)

ヒイラギナンテン / ヒガンバナ / ヒノキ
ヒマラヤスギ / ヒメシャラ / ヒャクニチソウ
ヒュウガミズキ / ピラカンサ / ビワ

フィリフェラオーレア / フイリヤブラン
フェイジョア / フッキソウ / フジ
ブドウ (葡萄) / ブナ / ブルーベリー

ベアグラス / ベゴニア / ペチュニア
ベニバナトキワマンサク

ボケ / ボタン / ポートワイン


「ま行」
マグノリア (モクレン) / マキ / マタタビ
マツバギク / マテバシイ / マユミ
マリーゴールド / マルバノキ / マルメロ
マンサク / マンネングサ類 / マンリョウ

ミモザ

ムクゲ / ムスカリ / ムベ
ムラサキシキブ

モチノキ / モッコク / モモ (桃)


「や行」
ヤツデ / ヤマブキ / ヤマボウシ
ヤマモモ

ユキヤナギ / ユスラウメ

ヨーロッパゴールド


「ら行」
ライラック / ラズベリー

リシマキア ヌンムラリア オーレア
リンゴ (林檎)

ルドベキア

レンギョウ

ロウバイ / ローズマリー

| TOP | プレママ | ベビー | チャイルド | 生活 | リンク | お問合せ |
リシマキア ヌンムラリア オーレアの概略
リシマキア ヌンムラリア オーレア

サクラソウ科 冬枯れ多年草






【購入時の目安サイズ】 5cm

【購入時の目安価格】 苗木@200円

【将来的なサイズ】 幅:20cm、 高さ:10cm

【花期】 5〜7月

【開花日数】 10日間

【原産地】 ヨーロッパ

【適地】 九州〜東北南部

【土壌条件】 滞水しない場所

リシマキア ヌンムラリア オーレアの特徴



リシマキア・オーレアは湿り気味の木陰を好む黄色のカラーリーフ。

原種の緑葉種に比べ花は咲きにくいが、
葉だけでも十分観賞価値は高い。

土壌に合うと、どんどん広がり地面を覆うので、
グランドカバーとして重宝する。

リシマキア・オーレアと銅葉のアジュガと混植すると、
葉色のコントラストを楽しむことができるのでおすすめ。


リシマキア・オーレアは新芽は特に美しいが、
夏に日当たりが強すぎると葉焼けを起こしてしまうので注意。

冬は枯れて見苦しくなってしまうので、地上部を刈り取るとよい。
次の年の春にはまた新しい葉がでて地面を覆うので問題ない。



作業・お手入れアドバイス



植える時期:
リシマキア・オーレアの植え付けや植え替えは
1年中を通して行うことができるので、特に時期を気にする必要はない。


植える場所:
日向だと花つきがよいが、葉のみ楽しむなら日陰でも育つ。

日当たり、水はけがよいところなら黄色の花の絨毯ができ、
葉のみを楽しみたいなら、乾燥さえ気をつければ特に条件はない。
植えた後の管理は放任で問題ない。


リシマキア・オーレアは少し湿った場所を好むので、
適度の湿気のある場所に植えるようにします。

関東より北では冬の寒さに備えて霜よけが必要。
関東以南では特に必要ない。


剪定やお手入れ:
リシマキア・オーレアを庭植えにした場合、
思いもよらないところまで茎が伸びてくるので切り戻す。

肥料は緩効性肥料をときどき与える程度で問題ない。













▼私がよく買い物をしているおすすめのサイトです。
PCサイト | モバイル
Copyright(c)2007-2015子育ての階段 All rights reserved.
Illustration by ふわふわ。り. Base template by WEB MAGIC.