【花木一覧】

「あ行」
アイビー / アオキ / アオギリ
アガパンサス / アカマツ / アカンサス
アケビ / アジサイ / アジュガ / アセビ
アベリア / アンズ (杏)

イイギリ / イチイ / イチゴノキ
イチジク / イチョウ / イトヒバ
イヌシデ / イヌツゲ / イモカタバミ
インパチエンス

ウバメガシ / ウメ (梅) / ウメモドキ

エゴノキ / エメラルド / エンジュ

オリーブ


「か行」
カイヅカイブキ / カイドウ / カエデ
カキ (柿) / カクレミノ / ガザニア
カシ類 / カシワデアジサイ / カツラ
カナメモチ レッドロビン / カリン
カルミア / カンキツ類

キウイ / キチジョウソウ / キブシ
キボウシ / キャラボク / キョウチクトウ
キンバコデマリ / キンモクセイ

クチナシ / グミ / グミ ギルドエッジ
クリ (栗) / クリサンセマム
クリスマスローズ / クルミ (胡桃)
クロガネモチ / クロマツ

ケヤキ

コウヤマキ / コデマリ / コトネアスター
コナラ / コニファー / コノテガシワ
コブシ / ゴヨウマツ / コリウス


「さ行」
サクラ (桜) / サクランボ
ザクロ (柘榴) / ササ類 / サザンカ
サツキ / サルスベリ / サルビア
サルビア インディゴスパイア
サルビア グアラニチカ
サンゴジュ / サンショウ

シイ / シダレヤナギ / シマトネリコ
シラカバ (白樺)
シモツケ ゴールドフレーム
シャクナゲ / ジャノヒゲ / ジューンベリー
シラカシ / シラカバ
シラー カンパヌラータ / シロタエギク
ジンチョウゲ

スイセン / スイートアリッサム / スギ
スグリ / スモモ

セイヨウイワナンテン
セイヨウニンジンボク / センリョウ

ソヨゴ


「た行」
ダイオウショウ / タイサンボク / タマイブキ

チャボヒバ / チューリップ / チェリーセージ

ツツジ / ツバキ / ツルニチニチソウ
ツワブキ

テイカカズラ

ドウダンツツジ / トサミズキ / トレニア


「な行」
ナシ (梨) / ナツツバキ (シャラノキ)
ナツメ / ナルコユリ

ニオイヒバ / ニシキギ / ニワウメ

ノウゼンカツラ / ノシラン


「は行」
ハイビスカス / ハイビャクシン
ハクチョウゲ / ハナズオウ / ハナニラ
ハナミズキ / ハクモクレン / ハマヒサカキ
バラ / ハンカチノキ / パンジー (ビオラ)

ヒイラギナンテン / ヒガンバナ / ヒノキ
ヒマラヤスギ / ヒメシャラ / ヒャクニチソウ
ヒュウガミズキ / ピラカンサ / ビワ

フィリフェラオーレア / フイリヤブラン
フェイジョア / フッキソウ / フジ
ブドウ (葡萄) / ブナ / ブルーベリー

ベアグラス / ベゴニア / ペチュニア
ベニバナトキワマンサク

ボケ / ボタン / ポートワイン


「ま行」
マグノリア (モクレン) / マキ / マタタビ
マツバギク / マテバシイ / マユミ
マリーゴールド / マルバノキ / マルメロ
マンサク / マンネングサ類 / マンリョウ

ミモザ

ムクゲ / ムスカリ / ムベ
ムラサキシキブ

モチノキ / モッコク / モモ (桃)


「や行」
ヤツデ / ヤマブキ / ヤマボウシ
ヤマモモ

ユキヤナギ / ユスラウメ

ヨーロッパゴールド


「ら行」
ライラック / ラズベリー

リシマキア ヌンムラリア オーレア
リンゴ (林檎)

ルドベキア

レンギョウ

ロウバイ / ローズマリー

| TOP | プレママ | ベビー | チャイルド | 生活 | リンク | お問合せ |
アイビーの概略
アイビー

ウコギ科 常緑つる植物





【別名】 ヘデラ

【購入時の目安サイズ】 10cm

【購入時の目安価格】 苗木@300円

【将来的なサイズ】 幅:10cm、 高さ:20cm、 長さ:3m

【花期】 なし

【開花日数】 なし

【原産地】 欧州、北アフリカ、西アジア

【適地】 沖縄〜北海道南

【土壌条件】 特になし

アイビーの特徴


アイビーという名は愛称で、正式にはヘデラと言う。

非常に剛健なつる性の植物で、地面に這わせたり、
品種によってはフェンスや塀に登らせたりもできる。

緑の葉の原種に加え、斑の葉や葉の黄色いものなど、
葉の形を含めるとかなりの園芸品種がある。

アイビーの中には紅葉をする種類もある。


アイビーは生育が良すぎて、他の種類の草と同生させるのは難しいので、
区切った区間で使うようにするのが好ましい。

また、植木につたわせたりすると、つるが生長しすぎて、
木の幹に食い込み、植木の成長の妨げとなる。

茂りすぎたと感じる場合には早めに切り取り、
伸びたつるを整理してやるようにするとすっきりとキープできる。


大葉のオカメヅタはかなり丈夫。



作業・お手入れアドバイス



植える時期:
アイビーの植え付けや植え替えの適期は5月〜6月。

これ以外の時期に植え替えすると、
植え替えのストレスで枯れてしまうことが多いので、
植え替えしたばかりのアイビーは、水や成長の状態に注意する。


植える場所:
アイビーは耐寒性・耐陰性に富み、生育も旺盛で乾燥に耐え、育てやすい。
水やりは、土の表面が乾いたらやる程度で十分。
日中の温度差が大きい春先と秋口につるが一番伸びる。

寒い時期はアイビーの葉が赤く変色することがあるが、
枯れているのではなく、寒さのための変色なので心配いらない。
春になり暖かくなると、気温に合わせてアイビーの葉の色も元通りになる。


増やし方:
アイビーの増やし方は挿し木が一般的。

挿し木にする場合、10cm以上の長さになるように切って、
3〜5cmくらいの葉を落として挿せば、水でも土でも発根する。
1〜3週間の間には発根するのが普通。

水切れに注意と、半日陰で育てるのがポイント。













▼私がよく買い物をしているおすすめのサイトです。
PCサイト | モバイル
Copyright(c)2007-2015子育ての階段 All rights reserved.
Illustration by ふわふわ。り. Base template by WEB MAGIC.