【花木一覧】

「あ行」
アイビー / アオキ / アオギリ
アガパンサス / アカマツ / アカンサス
アケビ / アジサイ / アジュガ / アセビ
アベリア / アンズ (杏)

イイギリ / イチイ / イチゴノキ
イチジク / イチョウ / イトヒバ
イヌシデ / イヌツゲ / イモカタバミ
インパチエンス

ウバメガシ / ウメ (梅) / ウメモドキ

エゴノキ / エメラルド / エンジュ

オリーブ


「か行」
カイヅカイブキ / カイドウ / カエデ
カキ (柿) / カクレミノ / ガザニア
カシ類 / カシワデアジサイ / カツラ
カナメモチ レッドロビン / カリン
カルミア / カンキツ類

キウイ / キチジョウソウ / キブシ
キボウシ / キャラボク / キョウチクトウ
キンバコデマリ / キンモクセイ

クチナシ / グミ / グミ ギルドエッジ
クリ (栗) / クリサンセマム
クリスマスローズ / クルミ (胡桃)
クロガネモチ / クロマツ

ケヤキ

コウヤマキ / コデマリ / コトネアスター
コナラ / コニファー / コノテガシワ
コブシ / ゴヨウマツ / コリウス


「さ行」
サクラ (桜) / サクランボ
ザクロ (柘榴) / ササ類 / サザンカ
サツキ / サルスベリ / サルビア
サルビア インディゴスパイア
サルビア グアラニチカ
サンゴジュ / サンショウ

シイ / シダレヤナギ / シマトネリコ
シラカバ (白樺)
シモツケ ゴールドフレーム
シャクナゲ / ジャノヒゲ / ジューンベリー
シラカシ / シラカバ
シラー カンパヌラータ / シロタエギク
ジンチョウゲ

スイセン / スイートアリッサム / スギ
スグリ / スモモ

セイヨウイワナンテン
セイヨウニンジンボク / センリョウ

ソヨゴ


「た行」
ダイオウショウ / タイサンボク / タマイブキ

チャボヒバ / チューリップ / チェリーセージ

ツツジ / ツバキ / ツルニチニチソウ
ツワブキ

テイカカズラ

ドウダンツツジ / トサミズキ / トレニア


「な行」
ナシ (梨) / ナツツバキ (シャラノキ)
ナツメ / ナルコユリ

ニオイヒバ / ニシキギ / ニワウメ

ノウゼンカツラ / ノシラン


「は行」
ハイビスカス / ハイビャクシン
ハクチョウゲ / ハナズオウ / ハナニラ
ハナミズキ / ハクモクレン / ハマヒサカキ
バラ / ハンカチノキ / パンジー (ビオラ)

ヒイラギナンテン / ヒガンバナ / ヒノキ
ヒマラヤスギ / ヒメシャラ / ヒャクニチソウ
ヒュウガミズキ / ピラカンサ / ビワ

フィリフェラオーレア / フイリヤブラン
フェイジョア / フッキソウ / フジ
ブドウ (葡萄) / ブナ / ブルーベリー

ベアグラス / ベゴニア / ペチュニア
ベニバナトキワマンサク

ボケ / ボタン / ポートワイン


「ま行」
マグノリア (モクレン) / マキ / マタタビ
マツバギク / マテバシイ / マユミ
マリーゴールド / マルバノキ / マルメロ
マンサク / マンネングサ類 / マンリョウ

ミモザ

ムクゲ / ムスカリ / ムベ
ムラサキシキブ

モチノキ / モッコク / モモ (桃)


「や行」
ヤツデ / ヤマブキ / ヤマボウシ
ヤマモモ

ユキヤナギ / ユスラウメ

ヨーロッパゴールド


「ら行」
ライラック / ラズベリー

リシマキア ヌンムラリア オーレア
リンゴ (林檎)

ルドベキア

レンギョウ

ロウバイ / ローズマリー

| TOP | プレママ | ベビー | チャイルド | 生活 | リンク | お問合せ |
ナツメの概略
ナツメ 

クロウメモドキ科ナツメ属 落葉広葉樹 高木 陽樹




【購入時の目安サイズ】 1.5m

【購入時の目安価格】 苗木@2,500円

【将来的なサイズ】 幅:5〜8m、 高さ:8〜15m

【花期】 6〜7月 

【開花日数】 7日

【果実期】 9〜10月 

【原産地】 ヨーロッパ南東部、アジア南部〜東部

【適地】 九州〜東北

【土壌条件】 開花期の乾燥に弱い

ナツメの特徴



ナツメは古代に中国から渡来したもので、
夏に芽が出る根で「ナツメ(夏芽)」の
名がついたといわれています。

また、万葉集には「梨棗黍に粟つぎ延ふ葛の後も
逢はむと葵花咲く」(詠み人知らず)という戯れ歌もあり。
かなり昔から親しまれていた植物のようです。


ナツメは寒さに強く、
日本では青森県まで栽培できますが、
夏に乾燥する地域がよい実をつけます。

6〜7月になると、新梢の付け根に
淡黄色の小花が咲き、
10月ごろ暗紅色に熟した実をつけます。

果実はそのまま食べると
リンゴのような風味ですが、
ドライフルーツとしてもよく用いられ、
菓子や料理の材料とされます。

昔から、薬用植物としても愛用され、
解熱、利尿、強壮剤に用いられています。
砂糖とはちみつで煮た、
蜜ナツメは古くから知られています。



作業・お手入れアドバイス



植える時期:
ナツメの植え付けや植え替えは、
11月〜3月が適期になります。


植える場所:
ナツメは開花期に雨が多いと、
結実しにくいので、7月ごろに乾燥する
地方が栽培に適しています。

乾燥には強い樹種ですが、
いくらか湿気をもった土地を好みます。

土質は特に選ばず、アルカリ性土壌にも
強いのがナツメの特徴です。


剪定やお手入れ:
ナツメは主幹形に仕立てます。

ナツメは小枝をたくさん出し、
隔年結果する性質があるので、
冬期剪定のとき昨年枝を40%ぐらい切って、
毎年結果させるようにします。

夏期はやご(根元からでる徒長枝)が
多く出るのでこれも切り取り、
密生枝を間引きます。


ナツメは強い風に当たると、
せっかくの果実が落ちてしまいますので、
強風や台風のときは風よけをします。


ナツメの増やし方は、
根元からヤゴがたくさん出るので、
これを根分けしたり、成木の太い根を
さしたりしますが、実生(とりまき)でも
増やすことができます。


注意する病害虫:
ナツメにはハマキムシやカイガラムシがつきます。













▼私がよく買い物をしているおすすめのサイトです。
Copyright(c)2007-2014 子育ての階段 風水そうじ術 Global Biz All rights reserved.
Illustration by ふわふわ。り. Base template by WEB MAGIC.